2010/08/31

SGプレート

今日もあまり天気が良くなく、、、

しかし、今日は、シギーさんとヴィックで私で、プレートのテストを行ないました。

まだ皆さんにご紹介していいか迷いましたが、SGプレートです!

カーボンで出来ていて、軽い!

そして、メッチャ動く!

フィーリングで言うならば、

今までのプレートのイメージと違います。

今までのプレートは、重くて、ドッシリした感じがグリップ感と落下を生み、走るところが魅力でしたが、

このプレートは、スムーズなボードのフレックスと振動吸収に優れているプレートと言えると思います。

テスト段階ですから、詳しくは申し上げられませんが、色んな種類のプレートと感覚を試すことが出来ました!

いや~また1つ 大人のおもちゃ が増えそうです。 

テストを終えてケースの入れてなられべてみました。

色んなボードで、色んな硬さの、色んなスタイルでのテスト!

天気はイマイチでしたが、楽しかったですよ~!


明日もまた、トライします!

お楽しみに!


2010/08/30

今日も雨、、、。

ここ最近、天気が悪いです。
今年の8月全般が天気が悪いといってもいいかもしれない。

家の庭先のサクラもなかなか芽吹いて来ていません。

気温は少しずつ温かくなって来ているのですが、、、

日があまり当たっていないのでしょうね。




クライストチャーチは最高12度
そして、雨、、、。

山は、、、。





マイナス1度!

Snow !

現在21cm!


しかし、、、





視界150〜200m

今日もおとなしくしています。

ゴルフも出来ず、

サッカーも出来ず、

今日はメンタルトレーニングッス!



2010/08/29

町の中でレールジャム

突如!メスベンの町の中にレールが登場!


10代が中心に、参加者が集まり、ギャラリーもいい感じで集まっていました!


隆も輝弥もこの雰囲気に少々飲まれていたみたい・・・。


緊張もいい経験です。




2010/08/27

次男の逆襲

日本の冬の時期に、スクールメンバーとボーリング場に来ていた時の写真です。

遊び疲れた我が次男は、どこででも寝る ZZZZ…。

Airホッケー台の上でも寝る ZZZZ….。

R0013340

そのうち仲間のみんなにイタズラされ・・・・

R0013342

コラ! チャボ!


その頃、長男は、英才教育

R0013347

ちゃんと、目を読んで、狙いなさい・・・・by ゴッチ。



ここ数日、風邪で寝込んでおり、山に上がれていない私ですが、

弱っている隙に、、、、



次男の逆襲!

志功の復讐

コラ!

2010/08/26

強風のためクローズ

今日は、強風のためクローズ!

みんなクライストチャーチに観光&ショッピング!

残りのメンバーもみんなで外食!

体調不良の私は日本から貴重な食材を使い、病人飯!




お粥をおいしく頂きました!

そして、そのパートナーは、、、





ポテトマン!

無口です。

寒いので、寝ます。


2010/08/25

シギーさん合流

昨日、シギーさんがニュージーランド、メスベンに到着しました!

今日は、午前中体を休め、午後からワナカに出発です。

もちろん、私も行く予定でしたが、体調不良で留守番になってしまいました。

数日前に高熱に襲われ、なんとか高熱からは逃れたものも喉の痛みと微熱、頭痛が取れず、、、。断念!

5日間くらいのトリップですが、行きたかったなぁー。

戻って来ら 一緒に滑ろうーっと!


いってらっしゃ~い!


2010/08/23

誕生100年 ローズ キューピー

どうやら今年は キューピー誕生100年らしい。


正式名 ローズオニール キューピー


キューピーマニアのダイゴは知っているのでしょうか?

ちなみにこちらニュージーランドでもキューピー発見!




こちらで売っているのに日本語って!思いますが、ニュージーランド限定ですから、。

オールブラックス キューピー!

巨泉のOKショップより。

2010/08/19

Peptide Cup FIS Snowboards Race in Mt.Hutt


明日は、マウントハットでFIS スノーボードレースが開催されます。

オープンゲートでのPGSです!初めてです!

毎年行っている草レースをいつも手伝っていますので、今回もお手伝いをするつもりです!



そして、、、、


この大会に併催して、草レースも開催されることになりました!

いつも行っている草レースとしてです!

草レースといっても歴史あるレースです。

もう20年近く続いているレースです。


今はバッシーのメモリアルレースとしても続いています。


私がこのマウントハットに来ているうちは、協力して開催できる様に努めたいと思います。

明日のプライズには、「Peptide EX」&「Money」が用意されています!

みなさん!頑張ってくださいね!






FIS Snowboards Race in Mt.Hutt

2010/08/18

今日も天気が悪くて、

今日も天気が悪くて、あまり滑れておりません。

みんなジム行ったり、お菓子作ったり、、、





子供達も外に行けず、、、




ガンダムになったり、、




スパイダーマンになったり、、、。

晴れて欲しいなあ〜。

2010/08/16

Today's race

毎年行っているスノーボードレースが今年も開催されています。

今年はジュニアワールドカップがニュージーランドでおりますので、カナダチームや韓国チームも参加しており、なかなかいい雰囲気でしたよ!







ゲートのすぐ近くまで雲がせまっていましたが、ゲレンデは晴天!

いや〜今日はカチカチアイスバーンでした。

夜はバーに集まり、レースのビデオを酒のつまみに表彰式!





2010/08/15

「運も実力のうち」


『自分は運が強い』と信じて成功した人は、同時に努力を重視する傾向があるようです。

そして、最大限の努力をした結果として、自分に運が向いてきた…と考える。

自分に運があると信じて、努力を続けられるポジティブさを「実力」と考えれば、

たしかに「運も実力のうち」といえるのかも!?


今日、こんな記事を読み、『信じる力』こそポジティブな発想に必要なことなのかも・・・と思いました。

『信じる力』 そこ 道は開ける鍵となる。

さあ、明日もガンバロ-!

2010/08/14

1200人が一晩閉じ込められる!

一昨日、ゲレンデの天候が急変して、風速200mを超える強風に襲われました。

我々は、夜明け前から早朝ゲートトレーニングを行い、少し休憩をしている間のことでした・・・。11時00分

朝からの風がドンドン強くなり・・・。

ロードがクローズするかも・・・。


嫌な予感。



慌てて車に乗り込みロードへ・・・。

見る見るうちに吹き荒れる風の強さが増す。

ロードクローズ。

天気予報では、翌日のお昼ごろまで、強風の予報。

車内では危険なためレストハウスへ避難。


覚悟。


私は、過去21年こんなタイミングを上手くかわしてきましたが、あまりにも急激な天候の移り変わりに、早い段階で覚悟を決めていました。


「きっと今晩は、家に帰れないだろう・・・。」って。



今までに天候で山から降りられない事態があった事を何度か聞いたことがありました。しかし、21年間で数回です。

もちろん、私は初めてです。

そして、今回は1200人。過去最大級の事態です。



私は、マウンテンマネージャー(デービット)の動きに注目していました。

各部署は、

パトロールによるゲレンデからの避難・誘導、リフトスタッフの機材撤収及びレストハウス周辺の安全確保、ロードスタッフの懸命な除雪作業、駐車場スタッフの避難・誘導、ゲストサービスの対応、、、。

はじめに各部署がするべき事を普段通りやった感じがしました。13:00頃

しかし、実際はこれからです。

スタッフもこの人数で泊まる事を想定したシュミレーションはされていなかったと思います。(1200人ですから・・・)

子供たちのスキートリップの団体が、大型バスで何台も来ていました。



マウンテンマネージャーの第一声は、15:00頃

天気の状況とそれに合わせての対応方法やその方向性の話。

不安に思うお客様への励ましと情報を出すことにより混乱を最小限に。

リーダーの話に一同が注目する姿が印象的でした・・・。



二回目のアナウンスは、17:00頃

疲労や空腹が出始めた雰囲気の中、夕食を提供するという話。

子供たちを優先して、順番に対応し、全員分ちゃんと用意するという話。

食事中は、ノリの良い音楽やDVD(映画)の放映され、疲れが出始めたみんなにも少し元気がでる感じがしました。

館内の雰囲気が変わりましたね・・・。



三回目のアナウンス(もはやスピーチ)は、19:00頃

空腹が満たされ、和やかな雰囲気の中でのスピーチは、

天候の状況と・・・・

「今晩、ここでみんなで泊まる決断をした!」という話。

皆なの落胆する事態も最小限に抑えられた状況での話は、まさにパーフェクトだと思いました。



この三回のアナウンスの合間にもデービット(マウンテンマネージャー)は、各部署に細かな指示を出す姿があり、無線と携帯で常に誰かと話しながら、動きまわっておりました。

もちろん、この事態は、こちらでは大きなニュースとなっており、メディアへの対応も常に応え、綴じ込まられたお客様の状況をSKYPEやFMラジオを通じて情報を出し続けていました。


その後も、寝るための準備の話、体調が優れない方への声がけや対応、状況証明書の発行など、細々として対応をすべてデービットが率先して行っていました。

問い合わせ窓口もすべてデービットが直接一人ひとりから話を聞くスタイルをとっており、デービットの判断でそれぞれに対応する方法をスタッフに指示を出しておりました。

なかなかできることではないと思います。

クレーム時の対応がよく取り上げられる昨今ですが、丁寧にマウンテンマネージャーが話を聞き、その判断を聞くお客様は、みな納得している様子でした。



夜は、決して良いコンディションで寝れていたわけではありません。

ウエアを着て、直接床に雑魚寝です。

すきま風も多く、十分なスペースのない状況でした。



朝7:00 夜明けと共にデービットのスピーチ。

天気の状況、体調の悪い方の確認、そして朝食を無料で用意するという話。

回復傾向にある天候に望みを持ち、朝食を取り、元気を出すようにというメッセージには、十分に寝れなかった者たちが多い中、雰囲気を持ち直させたと思います。



朝9:00 まもなく下山が可能になるというスピーチ。

しかし、混乱を避けるために、すぐに下ろす連絡ではなく、少し早めにこの連絡をしたところにポイントがあったと思います。

お客も少しずつ帰り支度をし、混乱することなく移動。

スタッフも前夜から交代で、見回りや食事の準備、お客さんの誘導、、、。

そして、片付ける作業時間をも組み込まれた指示があったように思えます。



朝10:00 いよいよ下山。

強風もかなり収まっていたものの、強い雨が降っていましたが、スタッフのかなりの人たちが駐車場出口まで並び、混乱させないように順番に誘導。


山道を下りたゲートでは、「帰宅まで気をつけておかえりください」と、RED BULLを一人ひとりに配る対応。


私たちは、前日6時から山に上がっていますので、28時間、山に閉じ込められた事になります。

1200人が閉じ込められる事件


メスベンの街や山の入口付近には、テレビ中継車や中継ヘリが来ており、この事態の大きさを改めて感じさせられました。


強風で駐車場の車の窓ガラスが割れたりはあったようですが、幸いにもレストハウスにいるお客には怪我人もなく、無事事態は終息を迎えました


この事態に、リーダーの能力、そしてそれを支えるスタッフの動きを学ばせていただいた気がします。


我らのマウンテンマネージャー・デービット!


難しい判断が多い中、素晴らしいリーダーシップだったと思います。

ありがとう! そして、お疲れ様!

2010/08/10

1m New Snow ! の 続き・・・


昨日のブログにもあるように、1mのNew Snow! が一昨日降りました。
そして、本日その2日目。
ゲレンデの裏斜面のコース(サウスフェイス)がオープンしました。

そのコースが開いたのは、わずか1時間ほどらしいが、

そこで大きな表層雪崩が発生!

かなり大規模な雪崩で、何人かが流され、コース外の沢の方まで落とされたようです。

(かなり下からハイクアップして脱出した者がいたようです。目撃者 談)


コースはすぐにクローズされ、

なんと!ゲレンデにいるすべてのお客を

一旦、車に戻るように指示が出されました。

ゲレンデを普通に滑っていた我々は、

「車に戻ってください!」というアナウンスに???

何が起こっているのやら・・・???

ぞろぞろとすべてのお客様が車に戻り、、、、

乗員の確認をすることになったようです。



トイレも含め、全ての施設内に人がいないことを確認し、

階段に付近に集まったスタッフ達が

1台1台順番に「車に乗員が全て揃っているか?」と確認作業が行われました。

階段中央で、全体の指揮を取っているマウンテンマネージャーのデービット!

シリアスなシュチュエーションの中で色々と指示を出しており、冷静にリーダーシップを発揮している感じでしたね。

少し離れた車の中から、“自分だったらどうしているだろう”って思いながら見ていました。


確認の結果、

幸いにも、雪崩に埋もれた者はいなかったようです。



約1時間ほどの今回の雪崩事件。

ゲレンデ内での大規模表層雪崩。

怪我人がでなくて、本当に良かったです。

いや~1mのNew Snow!

ちょっと降り過ぎたかな・・・。



2010/08/09

1m New Snow !


昨晩だけで 68cm!

前日からは 1m のNew Snow!

これでテンションが上がらない方がおかしい!

山は12時まで、ロードの除雪とアバランチコントロールでホールド!

12時過ぎの OPEN~~~! のレポートを確認し、いざ山へ!

山は真っ白です!
テンション上がる~~~~~~~~~~!

山の入り口で、チェーンを巻き、ロードでかなり待たされましたが、

辛抱強く、待つでしょ!1mだもん。



山の尾根のすぐ下に、雪崩の切れ目だらけってわかります?

一面が雪崩た後です。

だって1mだもん。

リフト一番乗りの人が、ゲレンデ独り占め!!

でも、よく見るとゲレンデ中、風紋ができています。

波波のうねりがあるのわかります?



パウダーと思いきや強風のため、ウインドパックで硬い新雪。

新雪=パウダーとは限りません。


それでも、自然の恵みに感謝!

あの方も合掌。


風紋の少ない場所を求めて、いろいろ探し、この岩の間を滑ることに・・・。

見るからにクラストして 難しいそうなところでしたが、

今日は、「山を滑る!」をテーマに、いい経験をさせていただきました。


私も 合掌 !

2010/08/07

Newメンバー到着!

昨日、こちらにNewメンバーが到着しました!

ちょっとした思い込みがあり、このメンバ-手ぶらで入国。



今年から関西空港からのスライトスケジュールが変わっており、オークランドで入国をせず、乗り換えるだけでクライストチャーチに来れるようになったんです。

思い込みって怖いですよね・・・。

このメンバー、例年通りのオークランドで入国し、身軽な格好で国内線を乗り、チャーチに到着。

新しいフライトスケジュールだと、荷物検査などの入国手続きはクライストチャーチでするので、入国を済ませ国内線で移動した5人は、すでに荷物と離れ離れ。




扉の中には、こちらかは入れませんよね~。普通は・・・。


しかし、無事、係の方に引率され、再度、出国?再入国?って感じで、荷物検査をして、無事到着。

旅はハプニングが尽きものですが、思い込みは怖いですね~。


2010/08/05

最近は、、。

今週は、あまり天気が良くない予報が出ていましたが、しかし、山はいい日が続いています。




ゲレンデのすぐ近くまで、雲が迫っているのですが、いつもギリギリセーフ!

山の上り下りでは、雲の中を通り、通います。




道路は、雪もなく、パンクの心配はありますが、走りやすい状態です。





見なれた景色ですが、やっぱ、いつ見ても綺麗ですね!

暑い日本を抜け出してきてくださーい!


こちらのシーズンは、10月ありますからね〜!

待ってまーす!

2010/08/02

前進あるのみ

今日の山は、ガス。

視界不良のため、ゲートトレーニングも中止。

北風による温かい風
(南半球ですから、南風が寒気です)




その後は、ギリギリ雪。


街に降りると、




やはり、雨。


そんな中、前方から我がもの顏で前進してくる黒い固まりが、、、。




牛の大移動!

昔は羊の大移動が名物でしたが、

ファームも牛の方が儲かる様で、最近は牛だらけ!

その内、羊の国 NZ が、牛の国になりそう。

マイペースで進む牛達は、前進あるのみ!


し、しかし この牛は心配です。





2010/08/01

ヤル気です!

昨日、今日と、山はクローズ!

昨日はみんなでクライストチャーチにショッピング!

私はサッカースパイクをゲット‼




今までのスパイクはかなり使いましたね〜。





一足一足に歴史を感じます!

吉川さん!
二星っちゃん!
小泉にいちゃん、淳二!
磯辺っち!
いとちゃん!

みんなとの戦いが思い出されます。

今年作ったSGサッカーシャツを着て今シーズンは戦います‼